玄関ドア、トイレリフォーム

  • 建築タイプ/戸建て(木造)
  • 築年数/17年
  • 竣工年月日/2022年9月(工期37日)
  • 施工場所/外壁、屋根塗装、アスファルト工事、トイレ(TOTO レストパルF)、玄関ドア(LIXILリシェント)、TVモニターフォン交換
  • 施工地/札幌市
  • リフォーム理由/外回りの老朽化

屋根・壁を始めとした外回りの老朽化をきっかけにリフォームのご依頼をいただいたK様。これを機会にと不調が気になっていたお手洗いも合わせてのリフォームとなりました。
その中から今回はお手洗いと玄関ドアの施工事例をご紹介します。

<お手洗い>

Before

After

After

After

今回のリフォームでは、「掃除がしやすく、かつスッキリしたい」というご要望があったため、TOTOの「レストパルF」という商品を提案しました。
便器が床から浮いているのでお掃除が楽にできます。手洗器はカウンターの上に置かれた立体的な洗面器が特徴的なベッセルタイプをセレクト。水撥ねもなく衛生的に使用できます。 また、お手洗いがそれほど寒くないため、暖房パネルを撤去し、壁面に新しく収納を設置する事で、空間がスッキリし、かつ広く明るくなったとK様。「わが家のトイレがここまで素晴らしくなるのなら、オート開閉機能もつければ良かったかな(笑)」というご感想を頂きました!

<玄関ドア>
玄関ドアはLIXILの「リシェント」を採用。
今回はタッチキータイプを選択しました。車などではおなじみかもしれません。
いちいち鍵を出して、差して・・という動作がなくても、リモコンキーさえ持っていれば、ボタンを押すだけで施錠・開錠ができます。
動力は電気ですが、今回採用した商品は電池式なので、停電時も家に入れない!という心配はご無用です。また、リモコンキーをなくしてしまった場合も、手元に残っているリモコンキーを再登録すれば、なくしてしまったキーは無効化され安心。
メーカーによってシステムは違いますが、生活の小さなストレスが解消され快適さが増すかもしれません。

Before

After

After

K様ありがとうございました!