安心の最長5年の保証制度

トーリツでは、工事完了2年後までに、万が一、施工の不備が原因で家屋や家財が損傷した場合、1対象につき最高1億円までの補償をいたします。
また、部位別工事は施工後最長5年間、ライズバリュー21は施工後最長10年間は、工事が原因で手直し工事が発生した場合、無料で復旧工事を行わせていただきます。
なお、保険に関しては、施工期間中の対人対物賠償補償も含まれます。
※但し、保証につきましては、当社規定により、工事内容によって1~5年の間に設定させていただいております。

住宅診断員や増改築相談員が承ります。

大切な住まいを長持ちさせるには、こまめな点検と早めの補修が欠かせません。
トーリツでは、豊富な専門知識と技術を身につけた「住宅診断員」が、家屋を適切に調査、診断いたします。
さらに、リフォームに関することは、財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが認定する「増改築相談員」の資格をもった専門スタッフが、あらゆるアドバイスを行っています。また、中古住宅の売買時に、第三者によるインスペクションを求める傾向が高まりつつある中、国土交通省により「既存住宅インスペクション・ガイドライン」が策定されました。インスペクションのサービスを行うためには、検査の実施に不可欠な検査方法、サービス提供時の留意事項、関係法令に関する幅広い知識が必要です。

多彩な有資格者が在籍
在籍する有資格者 増改築相談員・耐震技術認定者・既存住宅現況検査技術者・北海道エコエネPVレール監理士・施工管理技師・一級建築士・二級建築士・インテリアコーディネーター・インテリアプランナー
定期点検などの特典を盛り込んだ「会員制度」

一度でもリフォームを依頼されたお客様は、自動的に「トーリツユーザーサポートシステム会員」に登録させていただいています。
定期点検はもちろん、「年1回の(無料)家屋診断」、「建具の微調整、浴室のコーキングなどの(無料)メンテナンス」、「住宅設備機器・増改築・住宅ローンの組替えなどの各種(無料)相談」といった特典、ご紹介制度、メンテナンス及びリフォームの会員向け特別価格などを通して、お客様のサービス向上に努めています。

リフォーム評価ナビ

リフォーム評価ナビは国土交通省が実施する『消費者が安心してリフォームができる市場環境の整備』の一環として、リフォームを検討中のお客様(住まい手)と、リフォームを手がける業者(作り手)をつなぐリフォームポータルサイトです。よりよい住まいを実現するための幅広い情報を掲載することにより、お客様に安心してリフォームして頂けるよう努力しています。

日本住宅保証検査機構

日本住宅保証検査機構(JIO)は国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人です。瑕疵担保責任保険とはリフォーム業者が請け負った工事部分にて重大な瑕疵や欠陥があった場合に補修が確実に行えるようリフォーム業者が保険加入するものです。

住宅関連ニュース

あなたの明日が動きだす All About

平面間取図の建具記号一覧と見方、チェックポイント
Date: 2018/02/17

新築やリフォーム、また、分譲住宅や賃貸住宅を探す際などでもお馴染の平面図(間取図)。部屋の配置や寸法など、さまざまな記号が記載されている重要な図面のひとつです。ここでは、プランニングの前に知っておきたい、扉・ドアや窓などの記号と見方、チェックポイントをまとめました。


パントリー(食品庫)のプランニングの考え方と注意点
Date: 2018/02/16

パントリー・食品庫は、食品や調理道具などの保存場所。キッチンプランを検討する際には、パントリースペースを確保したい、と考える方も多いでしょう。ここでは、パントリープランの考え方とあると便利な設備機器をまとめました。


住宅の電気配線図の記号一覧と見方、チェックポイント
Date: 2018/02/14

家づくりを進める中では、平面図や配置図など、さまざまな図面を確認することになります。その中でも、電気配線(設備)図は、照明やスイッチ・コンセントなどの配置や数などが記載されている重要な図面のひとつ。ここでは、プランニングの前に知っておきたい主な記号とチェックポイントをまとめました。


トイレリフォームの費用、どれくらい?
Date: 2018/02/07

今、住んでいる家のトイレをリフォームする場合、どんなことができる?費用はどれくらい?など、実際のリフォーム例をご覧いただきながら、ご紹介しましょう。


玄関ドア・引き戸の性能とデザインの最新傾向
Date: 2018/02/01

玄関扉(ドア・引き戸)は、住まいのイメージを左右するアイテムのひとつ。新築やリフォームの際に、こだわる方も多いでしょう。最近では、性能は向上しデザインバリエーションも豊富に揃っています。ここでは、メーカーの新商品から、最近の玄関ドアや引き戸の傾向をまとめました。


PAGE TOP